愚痴とか文句とか

ストレスたまったときの対処法のひとつとして、誰かに話すといいっていうけれど、

それってどうなんだろう?

 

話したほうはスッキリするけれど、聞かされたほうにそのストレスがうつってしまうのでは?

とよく思う。

 

中学生のとき、友達と交換日記をしていて、

まあ、わたしはだいたい家の話が多くてね。厳しかったからさ。誰かに聞いてほしかった。

でもその子に「B.P.の話はネガティブなことばっかりだから交換日記やめたい」

って言われてさw

 

いやー、ショックだった。

わたしの吐き出す場が、その日記しかなかったから、全部書いてしまっていたけれど、

そりゃそうだよね。友達からしたら、暗い話ばっかで嫌だよね。

 

だから大人になっても、愚痴とか文句とかって、あんまり言えなくなった。

言いたいときは言いますが。(特に酔っぱらったときw)

 

生きていると、どんな環境だってストレスあるよね。

怒り、悲しみ、絶望、ネガティブなことを受けたときの対処法は

人それぞれだろうけど、

わたしは詞をかいて心の膿みを出すことができているから、幸せなんだと思う。